深呼吸する言葉・ワナタベジンジンタロウ

おっさん中退・ジジイ見習い

晩秋へ/視えない日々・6

マスク姿の大人たち。 表情が分からず、子どもたちに関係不全としての戸惑い・不安が。 すでに指摘されているそうだ。 そうした折にも信号機のように緑に黄、赤の木々。 寒いさむい季節の前の一瞬の光みたいな。

近代という最近/身体から・182

近代だの、反近代だの、脱近代だの、超近代だのと言われてもなあ…。 内臓の機能は、有史以来、変わっていない。 生憎、尻尾はないが。 自慢するわけでないし、自惚れるわけでもない。 ただ、胃で考えるときが。 Molly Tuttle - Helpless (Neil Young)

深呼吸ができる/呼吸・86

あの世に比べ、この世はどうか。 確かに、こちらのほうが、明るく暖かいのだろう。 どれほど暗く、寒くても? 慰めの言葉にしろ、一理あるなと想ってしまった。 何せ、深呼吸だってまだ、できるではないのかと。 Bamboo Flute Orchestra × H ZETTRIO - The J…

慰めは通じない/親子・3

末期がんの母親に慰めを言った。 「この世は、生きるに値しないかもな」 すると、「生きているのは愉しい」と諭された。 ついには、「生きているだけで愉しいものよ」とまで。 病はないが、今にして分かるなと。 Days Go By

お天道様が不在であったとしても/姿勢・44

「死んだ親にも孝行ができる」という文章を読む。 自分を大切に、愉しく暮らしていけばいいのだと。 盗み食いをしたら、親は嘆き悲しむだろう。 確かに。 お天道様に恥じぬように生きていけばいいというわけか。

テイクイットイージー2020/関係・1

今にして想う。 正解だけを追うことはないと。 緩くなり、だらしなくなり、しかも忘れやすくなり、感じている。 正解はあるが、ないと。 では、どうしていくのかだが、互いが楽に生きていければいいのだったが。

孤独死・無縁社会?/この領土で・656

孤独? 寂しいとは感じたが、自分との対話があるので、特に。 無縁もまた、あり得ないのは、かつて親がいたもの。 あるとしたら、孤立なのだった。 今や強いられたそれが、どんどんと素早く押し寄せてきている。

変わらない/視えない日々・5

「コロナでも変わらないな」と。 大国同士の諍い、旧ヨーロッパのあれこれ、自然への大量破壊。 人工知能の躍進も進み、うんざりする性差別も相変わらずか。 そうして、飢餓問題。 人は死ぬ、手を出さなくても。

つまらない奴/彼・119

彼は、下を向いて何気に言った。 「おれは、つまらん男になっちまった」 が、こう続けたのである。 「とはいえさ、いいものが何かは分かるようになったな」 そうして、嬉しそうに、甘い菓子を頬張るのだったが。

他に何か?/身体から・181

悲しみを癒すものは、何か? 激励や笑いではないのだろう。 自らの悲しみで、寄り添っていくしかないのかなと。 寄り添うこと自体、うざい領域があるにはある。 が、他に何かいい姿勢はあるのだろうかと、逡巡。 Jeff Tweedy performs "God" by John Lennon

キョロキョロと/視えない日々・4

地下鉄の座席に、キョロキョロしている爺さんがいた。 「あっ」 水泳用ゴーグルに覆面、ビニール手袋にコートも。 「そうだよな、そこまでやらないといけないんだよな」と。 ただ、爺さん、裸足でサンダルとは。 THE RUTLES - I MUST BE IN LOVE.

失業時代/疎外論・4

職業としての記者が成立しなくなってきている。 当事者がウェブで書き始めているからだ。 編集能力のある当事者が出てくれば、もう絶滅してしまう? せめて嘘・隠蔽・改竄には加担しないことだ。 微かな可能性。

まいったな/人類史・1

人は条件や契機、環境で変わる。 善人が残酷そのものになることは、実際見受けられるものだ。 そりゃあまいるよ。 有史以来、解決不能の問題が蓄積しているのだもの。 朝陽と夕陽ぐらい眺めるようにしたいよな。

親は誰のもの?/親子・2

「子は親のものではない」と体感を。 では、親は? 「子のものなのかもな」と。 ふと、「人は、そう簡単には変われないよな」と痛感を。 親であれ、子であれ、何を、誰と、どのようにするかが、問題なのである。 Mary Travers The First Time 1970 Sydney

冬へ/絶望の書・1

「つらさは、たえず自分だけ」と彼。 「そんなことはない」と伝えたいものの、ひどく消耗している様子だ。 ヤケクソで、「救う思想は、後から生まれるもの」と唐突に。 空は高くて、吐く息が白くなる季節だった。 2CELLOS - With Or Without You (2015)

コロナ禍の電車で/視えない日々・3

「まるで高齢女性のシミチョロみたい」と彼は言った。 「それを言うなら、おっさんの臭い靴下みたいと言ってよね」と彼女。 何の話だろう? 政権批判のようだった。 わたしは、「小声で話してくれないかな」と。

Our House2020/コミュニティー主義者として・3

黄金は大切だ、必要だ。 できれば、わんさといただきたいものなのだが。 が、家、それも人々が集まる家こそ、大切なのだった。 吸い寄せられて、めざす場所。 温かい飲み物がテーブルにあるだけで、上等だろう。 Sly & The Family Stone - Everyday People (…

どうにか/言葉・185

親しい人を亡くしたとき。 茫然自失、挨拶などできなくなっていた。 そも、間違ったり、正しかったりする挨拶はないのだと。 どうにか発語していくしかない。 たとえ奇妙でも、自分から発せられる真なる言葉で。 Alison (Elvis Costello Cover) Sloop John B…

去年が遠い/視えない日々・2

企業が移転した記事を読む。 50年後、今、住み始めた人たちは先見の明があったと評価される? 「どうかな」と体感していた。 来年、何が起きるかさえ不明だ。 去年の今ごろ、コロナ禍は予想していなかったもの。

笑おう/幸福論・19

豊かで幸福なのではなく、不幸。 貧乏人もまた、やせ我慢しようが、不幸である。 「えっ、ということは、不幸ばかりが蠢いているのか」と。 そうなのである、その通りなのだった。 だからだ、笑おうと想うのは?

素人は想う/この領土で・655

人々に対して嘘をつく――。 何と友人知己までに、いい加減なことを伝えて平気の平左。 しまいには、自分に対しても嘘をついて知らぬ顔。 歪む、歪み切るのではないか。 そう想うのが素人なら、素人万歳である。

語源/言葉・184

語源の多くを実は知らない。 『傷だらけの天使』の記事で、水谷豊氏がチンピラを好演とあった。 チンピラの語源とは? 調べると、「そうだったのか」。 「木の上に立って見るのが親という文字」の話にもうなる。 Jackson Browne | Walls And Doors | For Ree…

コロナ禍現象/視えない日々・1

何が変わったか。 例えば立ち話が少なくなってきた。 そうした記事を読み、電車を下りて、歩き出す。 何のことはない、スーパーの前で話し込む高齢女性3人。 事態が事態だけに話は終わりそうにないのだったが。

発語し続ける/言葉・183

今、大切なこと? 発語できることを保証し続けることだ。 しかも、発語し続けること。 「表裏一体とはこのことか」と想う。 言葉を失う事態と遭遇したとき、発語できる場所があると気づけば、安らぐはずである。 SAODAJ' - Pokor Lèr [Official Video "Sur l…

まずは野生のひとときを/身体から・180

野生のひととき。 都市を歩く、歩き続けるだけでも、体感できる。 しっかり立つ、バランスよく座る、脚力をつけるだけでも。 無論、甘んじてはいけないのだったが。 相変わらず、抗議を聴く耳は不在なのだから。 Iuta Upopo 「湯を沸かすほどの熱い愛」予告編

簡単なこと/些事の日々・300

してあげたい――。そう体感できるのは簡単な理由だ。気づくと気づかぬとに関わらず、あれこれしてもらってきたからだ。簡単だが、いや、簡単だからこそ大切なこと。分断という壁をそびえさせてはならない。

しないわけにはいかない/令和問わず語り・20

広いほう、暖かいほう、明るいほうを目指す。 そうであるが故に、こともあろうに沈没してしまう…。 現実の話だ。 だからといってしないわけにはいかない。 そうでなければ、狭くて寒く、暗い場所のままだから。

新鮮なこと/暮らし・58

賢者でも、この先のことはまったく知らない。 できれば禍が起きないことをと、今朝も願った。 だからだ。 素朴で落ち着いた、単純に繰り返していく暮らしならいいと。 実は、新鮮とはそのことではないのかとも。

間抜けなままで/この領土で・654

誰が言ったのだろう、「今の憲法で困ってはいない」と。 巧いことを言うものだ。 学んでも間抜けなまま。 そもそも、加齢で忘れもするのだが、いっそ、間抜けなりの世の中をと。 堅苦しくないだけでも、マシか。

まるでスパイのように/情報前線時代・50

日本中、スパイだらけの様相だ。 すれ違うとき言葉少なく、あるいは無言で伝えるべきことを交換していく姿。 SNSを視れば実感できる。 戦時下なら袋叩きに遭う言葉も多いが。 実は正体を消している言葉たち。