深呼吸する言葉・ワナタベジンジンタロウ

おっさん中退・ジジイ見習い

最近始めたこと/呼吸・78

呼吸が浅い。

速かったり弱かったりも。

荒いときもある。

身心には、明るく、気持ちのよい波紋が必要だ。

折をみては座り、息を吸いながら肩を上げていき、息を吐きつつ肩を後方へと回す方法を最近、している。

f:id:beatjw:20200103104156j:plain


Brian Eno - Silver Morning


11月19日(土)公開 映画『聖の青春』予告編

度肝を抜かれる/亡命者覚書・2

朝の通勤路のこと。

歩行者は信号を無視、自転車は突っ込んでくる。

いざとなれば押しのける、この領土の人々。

いや、今だって、いつだって、どこでだって、我先にと。

毎朝、度肝を抜かれる感覚は手放すまい。

f:id:beatjw:20200103081756j:plain


Neil Young with Crazy Horse - Rainbow of Colors (Official Audio)


ベイビーブラザー 予告編 [Trailer]

守りたくない、攻めたくもない/姿勢・37

社会や文化、政治等々の人工性。
いや、人工そのものか。
が、底には、冬眠中だったり、目覚めていたり、あくびをしていたりする動物もまた、呼吸を重ねているよ。
防御や攻撃の、その向こうへ行きたいのだった。

f:id:beatjw:20200102120551j:plain

休日に働く人たち/当世労働者覚書・121

「遊ばないと、生産性が落ちる」という。
確かに、その通りだ。
が、しかし、いつもの違和感。
自分の病や死など、家族のそれに比べてたいしたことはない――。
そう想い、休日に電車に乗る人もいるのだったが。 

f:id:beatjw:20200101165232j:plain


映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』予告編

押し寄せて来ている/言葉・168

些細な言葉でも、関係の中で生きるときが。
急を要するとき、必要とされているのだった。
世俗に着地させるだけの、修辞に満ちた名言はいらない。
今のわたしには。
事実、押し寄せて来ているあれにこれ、それ。

f:id:beatjw:20200101140120j:plain

もの笑いの種だって?/彼・103

「そりゃあ、懸命に生きてきたさ」と彼。
「ただ、気が小さくてどうしようもないよ」
従順ではない点もまた、ストレスになっているそうだ。
「もの笑いの種かな」
わたしは笑って言った、「言わせておけよ」。

f:id:beatjw:20200101132320j:plain


「Give and Go」予告


「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」予告編 (90秒)

「想い出せ」と自らに/情報前線時代・47

働き出したときインターネットはなかった。
今と比べ不便ではあったが、図書館で調べていたはずだ。
資料作りに忙しかったものの、呑気だった。
お金はなくとも、何とかしていたものだ。
何より、愉快だったか。

f:id:beatjw:20200101130636j:plain

居直り/酒まみれ・1

覚えているよ、記憶を失うほど呑んだことは。
ただ、実際のところは虚ろだし、どうだったのかと。
いい年をして?
そうだな、いい年をして呑み過ぎたのだから後悔もなければ、反省もあまりない。
またやろうか。

f:id:beatjw:20191231151406j:plain


Cowboy Junkies Live in Liverpool Helpless


映画『kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ)~アイヌの姉妹の物語~』予告編