深呼吸する言葉・ワナタベジンジンタロウ

おっさん中退・ジジイ見習い

疑うことさえ疑ってきたものの/些事の日々・299

信じるとは何か。

よく分からないし、分かろうともしていない。

ただ、大切なことだとは想う。

誰が言ったか忘れてしまったが、「とにかく信じろ」との強い言葉を覚えている。

開かれた気持ちになれたのだった。

f:id:beatjw:20201011141541j:plain


Keith Jarrett Trio - My Back Pages

ラブだなんて/都市サバイバル・ノート335

人は変わる、豹変する。

心根がやさしくとも、環境や条件などで。

残酷極まりないことを、平気でやってのけられるのだ。

だから、ブレーキをかける装置が必要なのだろう。

愛という意味不明な活路さえ大切なのだ。

f:id:beatjw:20201011140841j:plain


Bob Dylan - One of Us Must Know (Sooner or Later) (Audio)

ukihss.cpier.kyoto-u.ac.jp

銀杏並木を想い出した/暮らす愉しみ・14

テーブルを前に座っている。

そこには1杯の熱いお茶

「これほどのアイデアは、そうそうないな」と。

いい習慣だと感じられた。

秋が深まり、もうしばらくしたら、冬の前の明るさが木々から発せられるだろう。

f:id:beatjw:20201010113906j:plain

f:id:beatjw:20201010114024j:plain

まずの自分は/この領土で・653

「なるほど」と。

「保守とは既得権益の維持、革新とはその再分配」という言葉に頷いた。

保守でも、革新でもないことこそをと。

その場所さえ、瓦解しっぱなしなのだったが。

わたしを独立させていくしかない。

f:id:beatjw:20201006135640j:plain

瞬間の定着/写真論2020・2

写真を撮ったときはすでに遅れている。

プロは凄い、写真にしてしまえるのだから。

選択もあるのだろうが。

見惚れた瞬間、わたしはシャッターを切れない、切るつもりもない。

気づいてシャッターを切ってきた。

f:id:beatjw:20201004142448j:plain

エッサホイサッサ2020/この領土で・652

自助・共助は散々やってきた。

公助があれば、しなくていいことばかり。

教育・福祉・医療の確かな構築を。

そこがしっかりしていればいいだけだ。

叩き上げのエリートという形容矛盾を生きる者には無理な相談?

f:id:beatjw:20201004142430j:plain

それでいい/老道・150

「はじめは、みな、素人」と記された社員募集の看板。

「あはは」と思わず。

ただ、「最後は、みな、素人以下なのでは」と。

身体化された技は消えてしまい、プロでさえなくなるのだ。

「それで、いいよな」と。

f:id:beatjw:20201004142350j:plain


Van Morrison - Wild Night (1971)


純潔(歌唱)南沙織

わたしは失格だが/暮らす愉しみ・13

大切なのだ、機転を利かせることは。

礼節をわきまえ、ルールは当然として、マナー・エチケットに長けていることも。

ただ、それだけでは通用しない。

多少でいい、愛嬌も求められているのだった。

嘘ではない。

f:id:beatjw:20201004135940j:plain


High Voltage - Chris Gray Band Live at Celtic Connections 2020

想いをやる/令和問わず語り・19

愛とは何か?

むしろ、想いやりとは何かについて考えて来た。

日々の些細で、大切に抱いている想いというわけだ。

行いは相変わらず、巧くいってはいない。

とはいえ、抱き続けておいたほうがいい想いは、ある。

f:id:beatjw:20201004134805j:plain