深呼吸する言葉・ワナタベジンジンタロウ

おっさん中退・ジジイ見習い

ご勘弁を/この領土で・767

疫病に戦渦、酷暑に経済、宗教等々。
当然だが、自国内だけではもはや解決は無理だ。
理想主義の極北、前衛とさえ思える憲法にしろ。
ふと合掌をしてきたし、しているし、していくのだろう。
「ありゃまあだぜ」

▲『昼の水』(写真)
井戸水プールがぬるい日々か。
水着を干してから、落ちたゴーグルを拾い上げ、陰干しを。
「あぢ~っ」

▲『咲いた』(写真)
ふと足を止めた。
「あっ」
また咲いたなと。

www.youtube.com

【断定は避ける/今日も少しだけ】
 どこで読んだか。
 こうだ。

「日本は、扇子のように小さくしていく」
 なるほどと。
 実際、庭園などを視ると、実感できる。

 が、無論、すべてがそうだとは想わない。
 逆に大きくしていくものも。
 鳥居など、「すげえなあ」と感じるものも多い。

 だから、これこれこうだとの断定は、避けたい。
 当たり前のことだ。
 公式に収まるわけもなし。

 どうか、今日も、ご無事で。

 ちなみに、貼り付けた唄。
 感銘した。


【追記/「何だかなあ」】
 図書館から映画を借りている。
 くさくさした中、せめて娯楽をと。
 昨日まで、60本は視たか。
 映画ファンにすれば少ないだろうし、興味のない人にすれば多いとはなるのだろう。

 必ずしもスカッとはできない。
 現実をどうしても想起してしまう映画もあるのだった。
 当然か。

 それにしても、呆れても呆れても、呆れるばかりのあれこれ。
 いやあ、嘘こそ正義のようになってきた。

 どう視ても、前川喜平氏のほうが、信用できる。
 大阪方面の、嘘こそ仕事の如き輩も調子をこいているが、「おいおい」と。
 前川氏は、面従腹背と話していた記憶もあるが、もう面背腹背でいいのではないか。

 佳き日々を。

選択した人生/彼・129

平気で切実でいられる才人。
力がないことに賭ける人生を、選択していた。
凡庸こそ愛とでも言いたげに。
自分はダメというところから始めて、最後までダメでいようと。
なかなかできることではない才能だった。

▲『へえ』(写真)
植物の力強さ。
どこにでも、いつでも生きている。
「たいしたものだなあ」

www.youtube.com

【昔の知恵を知る/今日も少しだけ】
 正しい情報を選ぶ?
 なかなかできることではないだろう。
 そも、基準さえ揺らいでいるのだ。

 では、どうする?
 その都度、バランスをとって、凌いでいくしかない。

 わたしの場合、経験医学の中国医学が役立ってもきた。
「おまじないみたいなもの」と指摘する人もいるにはいるが。

 例えば、ストレスがたまれば、肺をやられると言えば、理解できるのではないか。
 怒れば、肝臓に来るとも言われており、「なるほどなあ」と。

 二日酔いのとき、憂うつになるものだが、胃腸をやられているからだ。
 これなど、身近な問題の人もいるだろう。
 わたしか^^。

 できれば、五臓六腑で笑う。
 そういければいいのだったが。

 どうか、今日も、ご無事で。

 今日は、夏になると、何故か聴いている唄を貼り付けた。
「いいなあ」


【追記/「偽造とくればかあ」】
「偽造捏造アベシンゾー」と聴いた。
 なるほど、座布団か。

 そうした折、屋外プールで泳ぎ、歩いて、ストレッチをしていると、束の間、わたし1人に。
「こんなときもあるんだなあ」

 おかげで、水中にい過ぎて、出た後、眠いねむい^^。
 黙々と泳ぐ少女も印象に残った。

 佳き日々を。

消えた親和力/この領土で・766

賄賂にコネ、縁故の国。
しかも、明治以来、政・財・官、おまけに宗教・マスコミが一蓮托生だったのだ。
盗人が跋扈、何と血税は他国へ。
かつて、左派右派ともに反米愛国だった。
が、あの親力は、もうない。

▲『陽射しへ』(写真)
上り切ったら、強い陽射し。
「このままトンネルの中にいたいなあ」
が、そうもいかない。

www.youtube.com

【新しい場所へ/今日も少しだけ】
 結局、人とは、何か。
 脳に身体、心、そうして魂か。

 その一体化。
 そこから考えないと見誤るのだろう。

 よく、被害のみから、あるいは加害からのみから考える例がある。
 あるというより、ほとんどか。
 が、それでは、事実・真実には届かないだろう。

 つまり、何も解決しないということだ。
 それでは、悲劇は繰り返されてしまう。

 既存ではなく、新規へ、新しい場所へ。
 つくづく、感じているところだ。

 どうか、今日も、ご無事で。


【追記/「足りないなあ」】
 いくら時間があっても足りない。
 視たいもの、読みたいもの、聴きたいものが、たくさんあるのだった。
「日が暮れて道なお遠しだよなあ」

 佳き日々を。

瞑想だって?/死を想う・53

死は普通なこと?
確かにいい・悪いではない。
しかも、軽くも重くもなく、ただ事実としてあるのだろう。
中には、死体を前に瞑想する人々もいる。
普通なこととはまだ想えないが、異常なことではないのだろう。

※死体を前にした瞑想。
 そうした修行があるそうだ。
 死体は、きれいに整ったものばかりではないという。

www.youtube.com

【スマイリーかあ/今日も少しだけ】
 最近、日本語のバンド名が増えた。
 かつては、外国名のバンドばかりだったとの記憶がある。

 昔の日本人は、白人のいる外国に憧れた。
 脱亜入欧

 実際、湿気を帯びた暗い住まいより、コンクリートの建物にはたまげたのだろう。
 もっとも、林達夫氏のような方は、別格なのだろうが。

 今や、どうか。
 憧れる対象でもない。

 そもそも、相変わらずのドンパチ。
 そうした事実もある。

 ふと、スマイリー小原氏のいでたち、無国籍な佇まいを想い出していた^^。
 映っている映像を貼り付けた。
 わたしがガキのころに、刻印されていた?

 どうか、今日も、ご無事で。


【追記/「ううむだよな」】
 エコカー
 実際は、環境破壊に加担していると読んだ。
「ううむ、うまくいかないものだな」

 佳き日々を。

コップ1つから始まる/暮らし・78

何もかも想い通りになるなど、あり得ないだろう。
ましてや、心からのお礼・感謝もせず、実現することはない。
例えばテーブルの上。
コップを取ってあげるだけで、会話は自然と弾む。
お金だけではない暮らし。

▲『好きな場所』(写真)
ゆるやかなカーブ。
その先の緑。
「いいなあ」

www.youtube.com

【次巻が愉しみ/今日も少しだけ】
 手塚治虫氏はかつて、懸念していた。
 漫画は生き残れるだろうかと。

 が、漫画は今やマンガとなり、副食から主食になったのではないか。
 手塚氏の偉大さは本当のところ、今もピンと来ないのだが、白土三平氏や水木しげる氏は残っていくと勝手に思い込んでいる。

 そも、マンガは稼ぐ額が多い。
 だから取材費も潤沢、下手なルポより、読み甲斐があるのは理解できる。

 もっとも、今や部数減との話もあるから、実際はどうなのか。
 とはいえ、千部単位でないことは確かだろう。

 さて、吉田秋生氏。
海街diary』の後、何を描くのだろうかと。
 図書館で検索すると、『詩歌川百景』という新刊が目にとまった。

flowers.shogakukan.co.jp 早速、リクエストを。
 新作は、谷間の温泉街が舞台だった。

 相変わらずドキッとさせられる言葉も。
 例えば、10代のヒロインは言うのだった。
 こうだ。

「逆恨みなんて面倒を避けるくらいなら、安い芝居ぐらい、いくらでもするわ」

 心の暗さもさわやかに描く成長物語に、期待している。
 愉しみだ。

 ああ、それにしても、人を想う感受性さえ欠落している為政者たちには、呆れても呆れても、呆れるばかりか。
 実にひどい。

 事実、何だろう、あの物言いは。
 あんな言葉で、「(統一と党自体)関わっていない」と証明できるのだろうか。

 どうか、今日も、ご無事で。


【追記/「なめているよなあ」】
 それにしても、与党とカルトの件。
「個々に説明」といった責任放棄の発言も出てきた。
 何で、組織として取り組まないのだろう。

 簡単か。
 やばいのだろう。

 ウェブ時代だ。
 いくらでも分かることはある。
 無論、過信はしていないが。

「なあに、ぬるいことを言っているんだか」と想う。
 おめでた過ぎるのではないか。

 佳き日々を。

切なる願い/暮らし・77

「無関心と無関係は違う」との言葉と出逢う。
確かに。
無関心は、今の戦禍に加担したことになる。
暮らしよりグローバル経済が主軸となり、無関係でもいられなくなった。
ただただ暮らしたいだけなのだったが。

▲『早く木陰へ』(写真)
「あっ」
木陰が視えた。
それだけで、ひと息つけたような暑さだった。

www.youtube.com

【「やべっ」/今日も少しだけ】
 与党の軍事お宅が、台湾へ。
「やべっ」

 米中のドンパチはあり得ないとは想う。
 そもそも、アメリカの兵器の部品を、敵対国が作っているグローバル経済は進んでいるのだから。
 が、こればかりは、分からない。

 そも、属国同士でドンパチさせられるのだろう。
 となれば、この国は…。

 台湾へ行くのはいいが、行ったのが、あの御仁だ。
 しかも、一緒に行ったのが…。
「いやはや」

 人の生は行くだけではない。
 還ることも、試される。
 吉本隆明氏の親鸞論で、学んだことか。

 が、行くことと還ることの順番が変わったり、同時に起きたりもする。
 今はもう、還るだけでいいと想うのだったが。

 どうか、今日も、ご無事で。


【追記/「元気でな」】
 電車に座っていた。
 目の前に立つ男。
 本を鞄から取り出し、読み出す。

 タイトルが目に入る。
『自由のための技術 リベルルアーツ』と読めた。
「凄いなあ」

 人のよさそうな青年だった。
 彼も生き延びていけるのだろうかと、ふいに。
 佳き日々を。

花に嵐のたとえもあるのだから/死を想う・52

花は枯れていくというより、「枯れる花もある」か。
朽ち果てていく花もあるのだから。
人も、また?
今や突然死も日常的、ひと言では無理なのだろう。
今は、今だけは死にたくないのは、殺されたくないからだ。

▲『大きな葉』(写真)
思わず、「隠れたい」と。
子どものころを想い出したこともある。
が、実際は単に、暑さが厳しかったからだ。

www.youtube.com

【生き延びていくために/今日も少しだけ】
 日本も関係している戦禍。
 しかも、自然災害。
 おまけに、コロナ禍だ。

 日々できることは、何か。
 まずは、生命力を高めることだろう。
 いわゆる免疫関係となるか。

 食事に休養、運動が大切だ。
 が、基本の、この3つにしろ、不確かだ。

 例えば、食事。
「栄養学自体、なんちゃって栄養学」と喝破した方がいる。

 休養にしろ、ただ、寝ていればいいというわけではないだろう。
 ただ、横になっていることは大切なのだったが。

 運動は、どうか。
 かつて1日1万歩が提唱されていた。
 が、今や、8千歩でもいいし、年代・個体差によって違うとさえ言われている。
 ウオーキングにしろ、さまざまな方法論が出てきて、定説は揺らいできたではないか。
 そもそも、スポーツは活性酸素を発生させ、実は、からだによくないといった指摘もあった。

 では、どうするのか。
 まずは、自分の身心を訪ね、尋ねていくしかないのだろう。
 そうして、少しでもウキウキすることを、育む。

 そう、自らを耕していくしかないのだったが。
 そう想う。

 どうか、今日も、ご無事で。


【追記/「吐いているものなあ」】
 人は話すとき、息を吸えない。
 吐いている。
 感染が増えて当然か。
 佳き日々を。

真の暗澹/教育・4

カルト教団絡みで言い逃れが跋扈。
しかも、コロナ禍に自然災害も。
子どもたちに、義を教えられる?
嘘はよし、コロナ禍でもイベントよし、どうせ家はダメになる――。
どんな子どもたちになっていくのだろう?

▲『枯れた』(写真)
「あらま」
腐る前に露天商のように、売ってくれればよかったのに。
暑い日だった。

▲『いいなあ』(写真)
小屋に憧れてきた。
写真を視たとき、思わず、「おっ」と。
なかなかである。
いや、「素晴らしい」と。

www.youtube.com

【開店休業のまま暮らしたい?/今日も少しだけ】
 最近のことだ。
 CDを流しつつ、パソコンからはユーチューブの討論番組、テレビからはニュース番組が聴こえてくるときがあった。

 ながら勉強など、もうできない。
 が、似たような状態だったか。
 そうでもしないと、情報を処理できなくなっていたのだろう。

 ふと、デヴィッド・ボウイ主演の映画『地球に落ちてきた男』の象徴的なワンシーンを想い出していた。

www.youtube.com

 いくつものモニターを視詰めるシーンだ。
 視た当時、呆れた。
「凄い能力だな」

 そうして、「こうなっていくんだろうな」との予感はあった。
 1つを知れば、次を知りたくなり、そもそも情報は増えていくばかりだからだ。

 もちろん、わたしは能力に乏しく、単なるボンクラである。
 が、同じようなことをしている人が多いことは、知っている。
 情報化の化が取れた、情報時代なのだ。

 ただ、ここで大切なのは、定期的な情報の断食とは想う。
 食べ過ぎれば、消化しきれないからである。

 眠るときが、断食の時間?
 いや、それ以外にも主体的に作っていかなければならないのだろう。

 どうか、今日も、ご無事で。

 

【追記/「ううむ」】
 ジョニ・ミッチェルは、脳動脈瘤だとか。

rockinon.com

 上に貼り付けた唄の映像を視たとき、「座ったままでも踊れるんだよな」と。
 涙がチョチョ切れた^^。

 もう1つ、貼り付けておきたい映像がある。
「この番組はがんばっているなあ」と。

www.youtube.com

 きょうびにしては、長丁場の番組だが、こうした方々がいるだけで、ほっとする。
 政・財・官、そうして宗教・マスコミの癒着も指摘。

 国民会計検査院といったヴィジョンにも、触れている。
 安富歩氏は、石井こうき氏の衣鉢を継ぐと言っていただけに、当選すればどうなっていただろう。
 佳き日々を。

潰す/この領土で・765

原発国。
その責任とは何か。
他国に迷惑をかけないよう、事故を起こさないことに尽きる。
つまりだ、すべて廃炉、やめてしまうほうがいいのだったが。
そのことによって自国の人々もまた、安眠も得られるのだ。

▲『どぶ川』(写真)
近隣の川。
汚れているより、きれいなほうがいい。
視るたびに想う。
わたしたちの体内なのだ。

www.youtube.com

【いやな感じ2022/今日も少しだけ】
 元総理の件。
 悼む気持ちには、なれない。

 そうした自分を、「嫌だな」とは想う。
 人が死んだのだから。

 が、「仕方ないよな」と。
 つか、こうした自分と出遭わせた、あの男は、「生きていたときも、死んでからでも人騒がせだな」と想う。

 殺人者の、本当のところは分からない。
 今や、カルト教団のことが明るみになって、大っぴらには言われていないが、留飲を下げた人も少なからずいるのだろう。

 そも、あの政党の出自は、どこにあるのか。
 CIAが、殺された人の祖父に、資金提供したところにあるそうだ。

 そうして、今や、カルトの件が明るみに。
 ばっくれているが、早く解党したほうがいいのではないか。
 教育上も、すこぶるよろしくない。

 憲法改正を言っていたが、読み込んだとはとても思えないのだったが。
 わたしは、天皇について書かれてあるところに疑問があるが、いずれにせよ与党の主張が、カルトの主張と似ていると知り、「えっ?」と。

 そも、殺された人は、憲法違反さえ平気だったではないか。
 自覚があったのか、どうかは知らないが。
「ま、なかったろうな」

 集団自衛権の合憲への強引さなど、噴飯ものだった。
 苛烈な貧困化を加速させ、外国へ血税を痛みもなくばら撒くたびに、呆れたものだ。

 何より、文書の改ざん問題。
 外国では重罪、死刑にする国もあるそうだ。

 しかも、この時代に、黒塗りの文書とは。
 呆れることばかりの中、ろくでもない中古兵器の購入等々、何が何やらだった。

 ひと言で、「万死に値する」と想ったものだ。
 つまり、後9,999回、死ぬべき?
 いや、その必要はない。
 もう死んだのだから。

 どうか、今日も、ご無事で。


【追記/「あはは」】
「与党に投票した人は、あのカルトも支持したことになるよな」
「そうだなあ」
「どう想っているのだろう?」
「嬉しいんじゃないの」
「何故さ?」
「信者ばかりだからさ」

 んなバカな?
 今回の事件がなければ、現実になっていたのかもと想うと、ゾッとする。
 佳き日々を。

相変わらずの今日/この領土で・764

戦前であり、戦中。
戦中であり、戦後。
順番を戦後と言われるところから始めれば、どうか。
戦後であり、戦中、そうして戦前となるのだった。
実は今も、その三位一体状況であるのだったが、利権ばかりが元気?

▲『都内で川と遭遇』(写真)
都内の情景。
「あぢ~っ」
背広を着ていた。

www.youtube.com

【♪わたしもバカよね、おバカさんよね~っ/今日も少しだけ】
 惨めでもいい。
 幸せなら――。

 そうした言葉と出逢った。
 驚いたのだったが。

 惨めで幸せなど、あるのだろうか?
 そう感じたからか。

 と同時に想っていたのだ。
 惨めに成り切れるのだろうかと。
 成り切れないから、幸せと感じられるのだろう。

 自嘲気味に、「哀れな奴」と自らを想ったことはない。
 呑気というより、馬鹿なのだろう。
 それでいいと想う。
 居直ってはいない。

 どうか、今日も、ご無事で。


【追記/「ううむ」】
 殺された元総理。
 その功績は?

 強いて言えば、こうか。
 カルト等と密接なつながりがあったことを、開示した点。
 開示させられたのではあったが。
 佳き日々を。