深呼吸する言葉・ワナタベジンジンタロウ

おっさん中退・ジジイ見習い

安らかな眠りと眠りの安らかさと/些事の日々・290

雨風が強いとき、頑丈な建物から窓の外をうかがっていた。
子どもたちの落ち着いた寝顔を想い出す。
麗しい姿を視られたとき、幸運な今を想う。
眠りもまた守られなければと。
国々の安らかな眠りを想起しつつ。

f:id:beatjw:20190901120841j:plain


Bill Frisell “In My Life” 12/20/18

洞窟からの出立/地上物語・14

恐怖や不安もまた神を生んだのだろう。
発明・発見の領域と言える。
洞窟の中で言葉を生み出したときもあったのだろうし、実は武器もまた。
神と言葉と武器。
今にいたる問題は大昔の洞窟からと言えるのだろう。

f:id:beatjw:20190831123342j:plain


Eva Cassidy - People Get Ready

方法はいくつも/この領土で・586

沈黙には力がない?
だから大きな声を上げるというのだった。
もちろん、無力のときもあるし、その逆の場合も。
決めつけないこと、決めつけて狭めないことだ。
撹乱ではなく、ますます混乱していく時勢である。

f:id:beatjw:20190831101918j:plain

宗教の人/この領土で・585

宗教を必要とする人はいるだろう、いや、いる。
組織とは無縁な姿勢で律していけばいいのだが。
大きなお世話?
言わざるを得ないのは歴史が証明している。
でなければ、呼吸は乱れて、血が流されていくのだ。

f:id:beatjw:20190824124619j:plain

個と全体/声・6

個の問題は千差万別か。
ただ、社会全体の問題を解決しないと、どうしようもないことが滲んでいるとは理解できる。
あの声、その声、この声。
奥底から聴こえて来る叫び――。
集中していなくても、響いてくる。

f:id:beatjw:20190824123321j:plain

できないままで/令和問わず語り・7

初っ端から負けていた。
残念と想わないのは悔しいから?
いや、そういう気持ちもなくなった。
ヴィジョンを提供し続ければいいと傲慢に想い定めたときも。
が、それさえ覚束ず、「まあ、いいじゃあないか」と。

f:id:beatjw:20190824122518j:plain


Ray Davies - 07 Waterloo Sunset (with Jackson Browne) See My Friends Album

進化の退化・退化の進化/この領土で・584

人のいないスーパーマーケットがある。
待つことなく、会計も済ませられるとか。
自動ドアからの進化?
いや、農業まで遡れるのだろう。
一方で、環境破壊を阻止しようとする組織に、排他性を感じるときもある。 

f:id:beatjw:20190914141753j:plain 

f:id:beatjw:20190914141424j:plain

f:id:beatjw:20190914141449j:plain


The First Time Ever I Saw Your Face

与しない/姿勢・33

「抗わず、しかし与せず」
とてもいい言葉だと想い、メモを取っておいた。
「そうか、そうだよな」と首肯をしたのである。
抗えば袋叩き。
とはいえ、それでは一向によくなりはしないから、せめて与せずであると。

f:id:beatjw:20190823163405j:plain

f:id:beatjw:20190823173508j:plain

f:id:beatjw:20190823180239j:plain


Etta James - I'd Rather Go Blind

自然からの贈り物/呼吸・73

お馴染みの場所へ。
が、1度として同じとは想えない。
緑が満ちた場所に変化はないのだったが。
呼吸が深まり、身心が肯定感に包まれていく。
自然からの贈り物は見返りを求めていないので、そのまま受け取る。

f:id:beatjw:20190817171243j:plain